NECは2019年3月19日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)関連の製品・サービスを拡充すると発表した。RPAツール「NEC Software Robot Solution」に新たなライセンス体系を加えるほか、NECの運用管理ソフト「WebSAM」を利用して複数のRPAツールを一元的に管理できる機能などを追加する。

 RPAツールの新たなライセンス体系は、稼働していないソフトウエアロボット(ロボット)のライセンスを稼働中のロボットのライセンスに割り当てることができる「フローティングライセンス」を用意した。NEC Software Robot Solutionの管理ツール「NEC Software Robot Solutionマネージャ」の、ロボットの稼働状況の監視やライセンスの管理機能を強化した。

NEC Software Robot Solutionの画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 これにより、「1ライセンスを購入して、経理部門と人事部門のロボットを1日交代で動かす」といった使い方ができるようになった。これまでのライセンス体系は、ロボット1台当たり1ライセンスが必要で、「顧客からライセンスが無駄になるケースがあるとの意見があった」と米増豊AIプラットフォーム事業部AI Platform Divisionシニアマネージャーは話す。

 WebSAMとの連携による運用管理の強化では、NEC Software Robot Solutionとログ管理ソフト「WebSAM IT Process Operations for RPA」を組み合わせて、動画形式でロボットの作業記録を取得できるようにした。「コンプライアンス(法令順守)が必要な業務プロセスでRPAを利用する場合は動画で、そのほかはログ形式でロボットの動作記録を残すといった使い方が可能になる」(米増シニアマネージャー)という。

 またジョブスケジューラー「WebSAM JobCenter」にRPAツールの管理機を追加。NEC Software Robot Solutionに加えて、米ユーアイパス(UiPath)の「UiPath」といったNEC以外のRPAツールが管理可能になった。WebSAM JobCenterを使って複数のツールのロボットの実行スケジュールを決定したり、ロボットの稼働状況を監視したりできる。

 フローティングライセンスを管理できる機能を持ったNEC Software Robot Solutionマネージャの価格は月額10万円から。動画でログを取得できる機能を提供するWebSAM IT Process Operations for RPAやNEC Software Robot Solutionなどの料金は月額47万円から。いずれも2019年4月19日から提供を開始する。複数のRPAツールを管理できるWebSAM JobCenterの価格は30万円から。提供開始は2019年6月の予定だ。