新しいiPad mini
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 米アップルは米国時間の2019年3月18日、新しいiPad miniとiPad Airを発表した。日本でも同日に予約受け付けを開始している。いずれもApple Pencilに対応する。

 新しいiPad miniは、解像度2048×1536ピクセルの7.9インチ画面を持つ。プロセッサーはA12 Bionic。本体サイズは203.2×134.8×6.1ミリ、重量はWi-Fiモデルが300.5グラムでWi-Fi+Cellularモデルが308.2グラム。ストレージ容量は64Gバイトと256Gバイトの2種類。価格はWi-Fiモデルが4万5800円(税別、以下同じ)から、Wi-Fi+Cellularモデルが6万800円から。

 新しいiPad Airは、解像度2224×1668ピクセルの10.5インチ画面を持つ。プロセッサーはA12 Bionic。本体サイズは250.6×174.1×6.1ミリ、重量はWi-Fiモデルが456グラムでWi-Fi+Cellularモデルが464グラム。ストレージ容量は64Gバイトと256Gバイトの2種類。価格はWi-Fiモデルが5万4800円から、Wi-Fi+Cellularモデルが6万9800円から。また、別売りのSmart Keyboard(1万7800円)を用意している。

 なお両機種とも、対応するApple Pencilは第1世代のもので、価格は1万800円。