日本IBMは2019年3月18日、福井銀行が分散系システムの稼働環境として「IBM Cloud」を採用したと発表した。これまで、同行は日本IBMのデータセンターに米ヴイエムウェア(VMware)のサーバー仮想化環境を構築し、勘定系を除く数百の業務システムを稼働してきた。これらを2019年上半期中にIBM Cloudに移す。

 「VMware on IBM Cloud」を採用した。オンプレミスとほぼ同様の環境を短期間でクラウド上に構築できるとする。移行サービスは「IBMクラウド・マイグレーション・ファクトリー」を使う。自動化ツールを利用して移行のプロセスを簡素化するという。