東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)は2019年3月15日、ロボットを利用して2020年東京オリンピック・パラリンピックを支援するプロジェクト「東京2020ロボットプロジェクト」を発表した。有識者や国、東京都、大会パートナー企業、東京2020組織委員会などで構成する会議を設置し、2020年東京大会でのロボットの活用を推進する。

 「スポーツ観戦やバリアフリーな環境の整備など、人間の活動を支援する領域でロボットを使っていきたい。ロボット大国である日本の実力を世界に見せつける場にしたい」と東京2020組織委員会の平田英世イノベーション推進室長は話す。「『史上最もイノベーティブで世界にポジティブな改革をもたらす』がコンセプトである2020年東京大会において、東京2020組織委員会が管轄する競技関連だけでなく、観光などの分野でもロボットを活用していく」(平田室長)とした。

 プロジェクトの第1弾として、トヨタ自動車の「生活支援ロボットによる車いす観戦サポート」と、パナソニックの「パワーアシストスーツを活用した運営支援」を発表した。両社は2020年東京大会のパートナー企業である。

 前者は陸上競技の開催会場であるスタジアムにある車いす席の一部でロボットを使った物品の搬送や誘導を行う。車いすの観客が座席から注文した物品を、ロボットを使って人手を介さずに搬送するといった使い方を想定している。物品を持ち上げられる移動型ロボットの「HSR」と物品を搬送するためのロボット「DSR」を使う。それぞれ開発中である。

トヨタ自動車の生活支援ロボットによる車いす観戦サポートの様子
物品を持ち上げることができる移動型ロボットの「HSR」(左)と物品を搬送するためのロボット「DSR」(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックはリュックのように背負って使う腰型のパワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y」を提供し、大会運営スタッフの作業負担の軽減を目指す。重い飲料品やスーツケースなどを運ぶスタッフがATOUN MODEL Yを装着することで、腰などへの負担軽減を目指す。パナソニックの実験によると、パワーアシストスーツを着用すると作業効率が約20%アップするという。

パナソニックの腰型パワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y」
[画像のクリックで拡大表示]