KDDIは2019年3月13日、都内で「au HOME」の新製品発表会を開き、ホームIoT向けの新製品やスリープテックを活用した新サービスを発表した(写真1)。

写真1●KDDIがスリープテックを活用した新サービスを発表(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

スマートスピーカーの活用が拡大

 発表会にはKDDI 理事 商品・CS統括本部 副統括本部長の山田靖久氏が登壇(写真2)。au HOMEのサービスを開始した後のホームIoT市場について、「スマートスピーカーの活用度合いが徐々に上がってきた」と語った。

写真2●KDDI 理事 商品・CS統括本部 副統括本部長の山田靖久氏
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的なau HOMEの加入者数などは非開示とした。一方、加入者の40%がau HOMEアプリを毎日利用しており、1日平均11回アプリを閲覧、家電操作はスマホと音声を合わせて1日8回利用しているとの利用状況を明らかにした。

 au HOME対応デバイスとしては、「睡眠モニター 01」を2万5000円(税別)で3月15日に発売する(写真3)。ほかにも「スマート電球 01」「スマートロック 01」「火災報知器アダプタ 01」「かんたんボタン 01」を発表した(写真4)。いずれのデバイスも一括または分割で購入できる。

写真3●睡眠モニター 01
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●au HOMEデバイスのラインアップ
[画像のクリックで拡大表示]

 au HOMEサービスと複数のデバイスのセットプランとして、「センサーでみまもりセット」「声で家電コントロールセット」「みまもり&家電コントロールセット」も新たに提供する。

ホームIoTで睡眠の質を改善する取り組み

 次に、au HOMEを利用して睡眠の質を改善することを狙う、睡眠テクノロジーベンチャーのニューロスペースと共同開発した新サービスを発表した。

 背景として、20〜50代の男女800名を対象とした「睡眠負債」に関する調査では、58%が睡眠に何らかの不満を抱えていたという。「睡眠負債がさまざまな病気を起こしているとの報告がある」(山田氏)として、睡眠データからアドバイスを得られる「Real Sleep」を発表した(写真5)。

写真5●「Real Sleep」アプリ
[画像のクリックで拡大表示]

 このアプリでは睡眠モニター 01を利用することで、睡眠の規則性などをスコア化。眠りの状態や履歴をグラフに可視化できるという。