スカパーJSATで取締役 執行役員専務を務める小牧次郎氏は、2019年2月27日に開催したメディアラウンドテーブルで、プロ野球の放送や配信に関する方針について述べた。2019年シーズンはセ・パ12球団公式戦の放送および配信を実施する。

説明を行う取締役 執行役員専務の小牧次郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年シーズンは放送では12球団の公式戦を提供していたが、インターネット上では9球団の公式戦を配信するのにとどまっていた。現在、「スカパー!」の構成チャンネルを通じて2019年シーズンの配信について各球団と順次調整を進めている。3月29日の開幕までには調整を終え、全試合の放送とライブ配信を実施できる状態にしたい考えである。

 2019年シーズンの開幕に向けて、「スカパー!プロ野球セットアプリ」をリニューアルしたことも発表した。ワンタップで試合のライブ配信を視聴できる機能を新たに搭載した。「プロ野球セット」の加入者および同セットの構成チャンネルの加入者が利用できる。このほかに、選手名鑑でプロフィールがチェックできる機能も追加した。

 さらに「プロ野球セット」の加入者を対象に「複数台無料キャンペーン」を実施すると報告した。2019年3月1日から5月31日までに複数台契約をした加入者については、4月から6月までの間、1契約でテレビ3台目までは追加料金なしで同セットの構成チャンネルを視聴できるようにする。「複数台無料キャンペーンは、『スカパー!基本プラン』で好評をいただいている。期間限定ではあるが、『プロ野球セット』でも実施する」とした。