製薬企業と患者をつなぐ、治験のプラットフォームが始動

新薬開発のコストを4500万円削減した事例も

2019/03/06 13:40
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 治験情報サービスを手掛けるベンチャー企業のBuzzreachは、治験情報発信プラットフォーム「puzz(パズ)」を2019年3月5日に提供開始すると発表した。puzzは、製薬企業や医療機関が治験情報を掲載し、患者や被検者募集企業などに向けて情報発信ができるプラットフォームである。

 製薬会社はしのぎを削って新薬開発を進めているが、承認を得るまでには10~15年の期間を要する。開発期間の延長を招いていた理由として、Buzzreach 代表取締役の猪川崇輝氏は「患者のリクルーティングがうまくいかないこと」と指摘する。治験を実施する医療機関がリクルーティングを行っても、すべての対象患者に参加してもらえるわけではないため、必要や症例数を集めることができずに試験期間を延長せざるを得ない場合が多いという。

 ただし、一般的に1カ月間治験を実施すると製薬企業には3000~5000万円のコストがかかる。試験期間が延びれば、それだけ余分なコスト負担がのしかかる。

治験業界のマップ(提供:Buzzreach)
クリックすると拡大した画像が開きます

 リクルーティングがうまくいかない理由の一つは、患者が治験情報に触れる機会が乏しいため「治験にマイナスイメージを抱いている人が多いこと」と猪川氏は言う。一方、新しい治療を求めている患者がいても、その患者がかかっている医療機関が治験を実施していなければ、治験の存在を知ることができないという問題もある。

 そこでBuzzreachが手掛けたのが、製薬会社が治験情報を発信できるpuzzと、患者向けのオウンドメディア「治験情報マッチングプラットフォームsmt」である。smtは、新しい治療法や治療薬を求める患者に対して治験のマッチングを行うサービスで、患者が自分の状態に合った治験を検索して応募することができる。現在β版を提供している。

puzzとSmtの位置付け(提供:Buzzreach)
クリックすると拡大した画像が開きます

 puzzとsmtの仕組みはこうだ。製薬企業がpuzzに治験情報を登録すると、その情報はsmtに反映される。製薬企業が登録する情報は公開できる一部の情報にとどめてもよい。smtに公開された情報の中から、受けてみたい治験が見つかった場合、患者はオンライン上で自分の治療歴や既往歴などの情報を入力し、スクリーニングを受ける。スクリーニングの結果、治験に参加できると判断された場合、治験コーディネーターが患者の主治医に相談して治験を実施する間の一時的な転院を内諾してもらうという流れだ。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング