歩いてスギ薬局のポイント取得、歩数記録アプリ

運動促進と来店促進を目指す

2019/02/22 12:00
近藤 寿成=スプール

 スギ薬局とメドピアの連結子会社であるMediplatは、歩数記録アプリ「スギサポwalk」を2019年3月4日に正式版としてリリースすると発表した。リリースと同時に、全国1100店舗以上のスギ薬局で案内を開始する。

歩数記録アプリ「スギサポwalk」の画面イメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 スギサポwalkは、アプリを起動して歩くと観光地のバーチャル・ウオーキング・ラリーを体験できると同時に、ラリーのゴール時などに「スギサポマイル」を獲得できる歩数記録アプリである。スギサポマイルは、全国のスギ薬局にチェックイン(来店)することでも獲得でき、スギ薬局の「スギポイント」に交換して景品をもらえる。スギポイントへの交換は2019年春以降を予定する。

 アプリ内に毎日の歩数・消費カロリー・距離を自動記録するため、日々の運動状況を可視化して管理できる。スギサポプレミアム会員(月額税込み550円)になると、管理栄養士や医師、薬剤師にチャットでいつでも相談できたり、獲得できるスギサポマイルが2倍になったりする。

「スギサポ」によるO2Oモデルの構築イメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 スギ薬局とMediplatは、スギサポwalkを通じてユーザーの運動促進およびスギ薬局への来店促進を目指す。今後は両社の共同のヘルスケア事業として、製薬企業や食品メーカーと協業したアプリ上での一般消費者向けプロモーションも予定する。

 スギ薬局とMediplatが共同で展開するセルフケアサービス「スギサポ」シリーズにおいて、スギサポwalkはミールデリバリーサービス「スギサポdeli」、食事記録アプリ「スギサポeats」に続く第3弾となる。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング