AIで歯周病を発見するアプリ開発、ドコモと東北大

2022年の実用化を目指す

2019/02/21 17:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 NTTドコモと東北大学は、歯周病や顎関節症を発見できるスマートフォンアプリの共同開発を2019年4月1日から開始すると発表した。スマートフォンを使って口の画像や動画を撮影し、色や形、表面の質感をAIで解析して、歯周病や顎関節症を発見することを目指す。2022年の実用化を見据えている。

歯周病の判定をするためにスマートフォンで歯ぐきの撮影をしている様子
クリックすると拡大した画像が開きます
解析結果の画面イメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 歯周病の罹患率は20歳代で61%、40歳代で71%、60歳代で75%といわれており、今後も患者数が増加すると考えられている。一方、40~70歳代を対象にした歯周病検診の受診率は「わずか4.3%と低い」と東北大学 大学院歯学研究科 研究科長の佐々木啓一氏は指摘する。

 歯周病は自覚症状が乏しく、自ら医療機関を受診することが難しかった。ただし、歯周病は糖尿病などの全身疾患との関係が明らかになりつつあるなど、早期に発見し、治療することが求められている。

 そこで、検診や治療を受けるきっかけをつくるために、口腔内の状態を把握できるスマートフォンアプリの開発に乗り出した。スマートフォンで歯ぐきの画像を撮影し、歯ぐきの色や形状を解析して歯周病のリスクを判定する。顎関節症のリスクを判定する場合は、口を開閉する動画を撮影し、顔器官の特徴的な動きを抽出する。

顎関節症の判定をするためにスマートフォンで口を開閉する動画を撮影している様子
クリックすると拡大した画像が開きます
解析画面イメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 アプリにはチャットを通じて歯科医師とコミュニケーションを図れる機能も搭載する予定だ。気になる症状などを手軽に相談できるようにすることで、重症化予防を図りたいとしている。

 このほか、医療機関向けの口腔がんの診断支援アプリの開発も行うという。口腔がんの診断は専門外の医師には難しく、従来の診断支援ツールは高価で一般の歯科医院に導入することは難しかった。スマートフォンで撮影した画像の色や形状を分析し、口腔がんの診断支援を行えるアプリを開発することで、専門外の医師でも正確な診断ができるようになる。

口腔がんの診断支援アプリを使用しているイメージ
クリックすると拡大した画像が開きます