米Qualcomm(クアルコム)は2019年2月19日、5G NR対応モデムの第2世代品「Snapdragon X55 5Gモデム」(Qualcommのニュースリリース1)と、5G対応RFフロントエンド(RFFE)ソリューション( Qualcommのニュースリリース2)を発表した。

出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

 Snapdragon X55 5Gモデムは「Snapdragon X50 5Gモデム」(関連記事1)の次世代モデムとなる。このX55とRFFEソリューションや併用することで、ミリ波帯や6GHz未満の周波数帯におけるモデムからアンテナに至る5Gシステム構築を支援するとしている。

出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

 Snapdragon X55 5Gモデムは7nmプロセス採用のシングルチップで、2Gから5G NRまでに対応。世界各国での5Gサービス開始を見据え、5G NRはSA(Standalone)、NSA(non-standalone)に対応し、ミリ波と6GHz未満の主要周波数帯をサポートする。4G、5G間で動的に周波数を共有できる「ダイナミックスペクトラムシェアリング」にも対応し、既存の4G周波数を使って、4Gと5Gを動的に切り替えながらサービス提供する機能もサポートしている。5G対応時には、下りリンク時スピードで最大7Gビット/秒、上りリンク時3Gビット/秒を、LTE対応時には、カテゴリー22となる下りリンク時スピード2.5Gビット/秒を実現する。

 高機能スマートフォンからモバイルホットスポット、常時接続PC、固定無線用アクセスポイント、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)対応機器や車載製品など多岐にわたるアプリケーションへの適用が見込まれている。

  X55 5Gモデムは、既にサンプル出荷開始されており、最初の搭載製品は2019末までには発売開始される予定。

出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]