米アップル(Apple)が2021年までに「iPhone」「iPad」「Mac」で同一のアプリケーションを動作可能にする計画だと、米メディア「Bloomberg」が2019年2月21日に報じた。同社が2019年内に公開する新しいソフトウエア開発ツールを使うことで、アプリケーションの共通化が可能になるという。

 Bloombergによれば、アップルは毎年6月に開催する開発者会議「WWDC」で、この新しい施策を発表する予定だという。新しいソフトウエア開発ツールではまず、iPad用のアプリケーションをMacに移植可能に、続いて2020年にはiPhone用アプリケーションをMacに移植可能にする。そして2021年までにiPhone、iPad、Mac上で同一(シングルバイナリー)のアプリケーションを利用可能にすると報じている。

 アプリケーション開発者はこれまで、iPhoneやiPadなどiOS端末用のアプリケーションとMac用のアプリケーションを別々に開発する必要があった。iOS端末はARMアーキテクチャ、MacはIntelアーキテクチャのプロセッサーを採用しており、OSもそれぞれ異なるためだ。

 シングルバイナリーのアプリケーションを動作可能にするために、iOS端末とMacでプロセッサーやOSを共通化するかどうかは現時点では不明。Bloombergは2018年に、アップルが自社製プロセッサーを搭載したMacを2020年にも発売する予定だと報じている。