韓国サムスン電子は2019年2月20日(米国時間)、米サンフランシスコで新製品発表会を開催し、折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」を発表した。折り畳み時は画面が4.6型のスマホとして、広げると7.3型のタブレットとして利用できる。価格は1980ドル(約21万9000円)で、4月26日に発売する。

サムスン電子が発表した「Galaxy Fold」
[画像のクリックで拡大表示]

 製品発表会に登壇したサムスン電子 IT&モバイルコミュニケーション部門の高東真社長兼CEO(最高経営責任者)は「Galaxy Foldはスマホとしてもタブレットとしても利用できる、新しいカテゴリーの製品だ」と主張した。価格が1980ドルとスマホにしては高額であるため、同社はGalaxy Foldのことを「ラグジュアリー(高級)デバイス」と定義する。同時に主力機として「Galaxy S10」シリーズも発表しており、折り畳みスマホはあくまでもニッチ向けとなる。

サムスン電子 IT&モバイルコミュニケーション部門の高東真社長兼CEO
[画像のクリックで拡大表示]

 Galaxy Foldはアプリケーションの使い勝手も従来のスマホとは異なる。折り畳んだスマホ状態で使っていたアプリは、タブレット状態の画面に引き継ぐことができる。そしてタブレット状態では、画面を3つに分割して、3種類のアプリを同時に利用することが可能。3画面分割で利用するためにはアプリ側の対応が必要だが、既に「YouTube」や「WhatAapp」、「Microsoft Office」などの主要アプリが対応しているとする。

タブレット状態で画面を3分割したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーは「7nmプロセスで製造した64ビット・8コア(オクタコア)プロセッサー(7nm 64-bit Octa-core processor)」だという。メモリーは12GB、フラッシュメモリーは512GB。カメラは合計6個を搭載する。閉じた状態の背面に広角、超広角、望遠の3個のカメラを、閉じた状態のディスプレイ面にセルフィー(自撮り)用と距離画像用の2個のカメラを、広げたディスプレイ面にもセルフィー用のカメラを搭載する。

 サムスンが同時に発表したGalaxy S10は、画面サイズやカメラの数などが異なる4モデルがある。5.8型の「S10e」(749.99ドルから)、6.1型の「S10」(899.99ドルから)、6.4型の「S10+」(999.99ドルから)、6.7型の「S10 5G」(価格未定)で、S10 5Gは名称の通り第5世代移動通信システム(5G)に対応する。米国では米ベライゾンコミュニケーションズ(Verizon Communications)の5Gサービスが利用可能になる予定。S10 5G以外の3モデルは2月21日に発売する。S10 5Gの発売日や価格は未定。