ルノー・日産自動車・三菱自動車アライアンスのベンチャー投資会社であるアライアンス・ベンチャーズは2019年2月18日、中国の上海電享(PowerShare)への投資を発表した。PowerShareは、電気自動車の充電に特化した技術系の新興企業で、EVユーザーと充電スポット事業者、電力事業者をつなぐオンラインプラットフォームを提供している。

(写真:PowerShare)
[画像のクリックで拡大表示]

 PowerShareが提供するクラウドベースのシステムを利用すれば、充電スポット事業者はEVの電力需要と電力網の供給能力を監視できるようになる。また、EVユーザーは、利用可能な充電スポットを見つけやすくなる。

 EVの普及や新たなモビリティーサービスを展開するためには、充電インフラネットワークの確立が必要だ。ルノー・日産・三菱アライアンスはその点でPowerShareの技術が有用であると考えている。PowerShareは、今回の投資によりグローバルなeモビリティー事業の拡大、中核技術の開発、新たなビジネスモデルの探求をより広範かつ迅速に進めることができるとしている。

 投資額は未発表。アライアンス・ベンチャーズは、これまで北米、欧州、中国の新興企業10件に投資しており、今回を含めて、いずれもモビリティーの未来に貢献することに焦点を当てているという。