睡眠課題の改善にコミットしたサービス提供へ

フィリップス・レスピロニクスとiCARE

2019/02/18 17:50
近藤 寿成=スプール

 フィリップス・レスピロニクスとiCAREは、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)の分野において、病院受診率を向上する取り組みを共同で実施することに合意した。この合意に基づき、両社でソリューション開発と共同実証実験を順次開始する。SASの疑いがある人の病院受診を促し、睡眠課題の改善にコミットしたサービス提供を目指す

フィリップス・レスピロニクスとiCAREが共同で実施する取り組みの概要
クリックすると拡大した画像が開きます

 フィリップス・レスピロニクスとiCAREは、従業員の睡眠課題を解決するため、iCAREの既存契約企業に対して睡眠に関するアンケートを配信し、SASの疑いがある参加者に対して簡易検査を行う取り組みを開始した。簡易検査後、SASの疑いがある参加者には、iCAREのメディカルスタッフがチャットでフォローして専門医療機関を紹介する。SAS以外に原因がある参加者についても、睡眠の質を高めるための睡眠スキルをアドバイスする。

 SASなどの睡眠障害による経済損失は年間3.4兆円にも上ると言われている。これは作業効率の低下や、欠勤・遅刻・早退の増加に加えて、眠気による交通事故のリスク向上などから推計されている。交通事故や労働災害のリスクを考えると、企業のSASへの取り組みは重要なリスクマネジメントの1つであり、組織全体の生産性の向上につながると考えられている。

 国土交通省は、SAS対策の必要性と活用について自動車運送業者のSAS対策マニュアルを策定しており、交通業界ではSASのスクリーニング検査を導入する企業も増えている。しかし、SASの簡易検査から病院受診までの一連のフローができておらず、受診率の低さが課題となっていた。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング