三菱電機は、FA分野での制御やエッジコンピューティングに向く産業用パソコン「MELIPC」シリーズの新製品として、タッチパネルを標準搭載したディスプレー一体型のパネルコンピューター「MI3000」2機種を2019年2月28日に発売する(図、ニュースリリース)。生産現場での収集データの表示や設備・装置の操作が可能で、1台で生産現場の見える化を実現できるという。

図:三菱電機の産業用PC「MI3000」の新製品
画面サイズが15型の「同3315G-W」(左)と21.5型ワイドの「同3321G-W」(右)。(出所:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 既存の3モデルと同じく、エッジコンピューティング領域の産業用IoT(Internet of Things)プラットフォームである「Edgecross 基本ソフトウェア」(Edgecrossコンソーシアム)と三菱電機のEdgecross対応ソフト「SLMPデータコレクタ」をプリインストールしている(関連記事)。SLMP(Seamless Message Protocol)は、Ethernet製品とCC-Link IE対応機器でネットワークの階層・境界を意識しない通信を可能にする共通プロトコル。SLMPデータコレクタはSLMP対応のPLC(Programmable Logic Controller)からデータを収集できる。この2種類のソフトによって、生産現場のリアルタイムなデータ収集や、エッジコンピューティングシステムの構築が容易になる。

 加えて新機種には、Edgecross対応ソフト「GT SoftGOT2000」もプリインストールする。これは、プログラマブル表示器「GOT2000」シリーズと同様の画面表示と操作を可能にするソフトウエア。収集したデータの表示を容易にし、生産現場の見える化を支援する。

 液晶パネルの画面サイズが15型で解像度がXGA(1024×768)の「MI3315G-W」と、21.5型ワイドでフルHD(1920×1080)の「同3321G-W」を用意する。いずれもタッチパネルを投影型静電容量方式(Projected Capacitive:PCAP)として、スマートフォンと同様の操作性を持たせた。同時に、液晶バックライトの減衰率を低減して視認性を高めている。

 Windowsに対応したバーコードリーダーや、ネットワークカメラの標準規格である「OnVIF」に対応したカメラなどを接続できる。その他、音声出力や拡張スロットなどのインターフェースも内蔵する。

 質量は、同3315G-Wが7.0kg、同3321G-Wが9.8kg。0~55℃の周囲環境で使用でき、前面の保護構造はIP66に適合する。価格は要相談。