ブルボンは、製造設備の資産管理業務にRFIDを導入し、業務の効率化と作業性の改善、管理情報の精度向上などに取り組む(図1・2、ニュースリリース)。デジタルトランスフォーメーションの一環として2018年秋から実証実験を実施しており、今後は同社の全ての工場へ順次、展開する。

図1:資産管理業務に利用するRFタグ
(出所:ブルボン)
[画像のクリックで拡大表示]
図2:RFタグを設置した製造機械
(出所:ブルボン)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が使用するRFタグ(ICタグ)は、外部電源とメンテナンスが不要なもの。作業者がリーダーを持って工場内の通路を通ることで、周辺に設置された製造機械・設備の情報を自動で入手できる。作業者が機械の設置場所へ行って1台ずつ検分・照合していた従来の方法に比べて、業務時間の短縮と負担軽減を図れる。

 菓子や飲料、食品、冷菓などを製造する同社の生産ラインは多くの機械で構成されており、新製品の生産開始やラインの更新の際には、入れ替えたり工場内・工場間で移動させたりしなければならない。こうした機械を管理するには従来、1台1台に取り付けた管理プレートを基に台帳を作成して情報をひも付けなくてはならず、時間の短縮と労力の削減が課題だったという。

 新しいシステムでは、読み取り結果をデータとしてパソコンに取り込めるため、誤記入や記入漏れを防げる。情報の精度が高まるのに加えて、会社全体での情報共有や統合管理も容易になる。機械ごとの区画内設置場所の把握など、詳細な情報の活用も期待できるとしている。さらに、自動化や遠隔地からの管理の実現、人工知能(AI)システムとの連携など、情報管理の高度化も検討する。