NECは2019年2月14日、香りも体験できるVR(仮想現実)システムを開発したと発表した。バーチャルな商品が並ぶ仮想店舗を使ったネットショッピングでの用途を見込む。

香りも体験できるVRシステムの利用シーン
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 新システムによって、VRシステムを使って仮想店舗を訪れたユーザーは、りんごなどバーチャルな商品を見るだけでなく、商品に近づくと香りも楽しめる。ユーザーの視覚だけでなく、嗅覚にも働きかけることで、VRショッピングの臨場感を高める狙いがある。

VRショッピングにおける活用例を示す説明資料
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 新システムは、香りを出す機能を持つVR関連機器を手掛けるベンチャー企業、米VAQSOの技術を取り入れている。NECは2021年以降、5G(第5世代移動通信システム)が普及すると、小さくて軽いVR端末が多く出回りVRショッピングが広まるとみている。それを見越して新システムを開発し、自社の法人向けVRソリューションの強化につなげる。

» 本記事の英訳はこちら