シャープは2019年2月13日、NTTドコモおよび福島県会津若松市と連携し、5G(第5世代移動通信システム)による8K映像のライブ伝送の実証試験を行ったと発表した。実証試験は無事に成功したとしている。

 今回の実証試験は2月8日に、会津若松市にて開催された「会津絵ろうそくまつり」のメイン会場の一つである鶴ヶ城公園で実施した。数千本のろうそくの明かりで彩られた本丸内の祭りの様子を鶴ヶ城の天守閣第四層より8Kカムコーダーで撮影し、鶴ヶ城付近に構築した5G通信ネットワークを用いて、撮影した映像を地上の祭り会場に設置した8K映像モニターへ伝送した。

実証試験における機器構成のイメージ
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 実験では28GHz帯の周波数を使用し、HLS(HTTP Live Streaming)形式で8K映像を配信した。