米IBMは2019年2月12日(米国時間)、同社のAI(人工知能)ソフトウエア「Watson」がコンテナ運用管理ツール「Kubernetes(k8s)」に対応したと発表した。これによってk8sが利用できる競合のパブリッククラウドやユーザー企業のオンプレミス環境でWatsonが稼働可能になったとしている。

 米サンフランシスコで開催中のカンファレンス「IBM Think 2019」で発表した。同社のジニー・ロメッティー(Ginni Rometty)会長兼社長兼CEO(最高経営責任者)は基調講演で「Watsonがオンプレミス環境でもパブリッククラウドでも、どこででも利用可能になった」と語った。

IBM Think 2019で講演するジニー・ロメッティー会長
[画像のクリックで拡大表示]

 IBMは近年、様々なクラウドをユーザーが併用する「マルチクラウド」を実現するために、ミドルウエアやアプリケーションのコンテナ対応とk8s対応を進めている。単にコンテナに対応するだけでなくk8sに対応することによって、ロギングやモニタリングなどの運用管理をk8sに統一できるようになる。

 IBMで「IBM Cloud Private and Multicloud Platform」を担当するロビン・ヘルナンデス(Robin Hernandez)氏は、「既に『IBM MQ』や『WebSphere』などの主要ミドルウエアがKubernetesに対応している」と語る。ミドルウエアに続いてアプリケーションのk8s対応が、今後のマルチクラウド戦略の鍵になりそうだ。