Web直販モデルにはゲーム向けPCも

 Web直販モデルの新製品は、タワー型PCの「ESPRIMO WD-G/D1」を発表した。CPUには6コアの第8世代Core i7プロセッサー、グラフィックスに米エヌビディア(NVIDIA)製のGeForce RTX 2080 miniを搭載したハイパフォーマンスデスクトップと位置付ける。

ESPRIMO WD-G/D1
[画像のクリックで拡大表示]

 カスタムメイドにより最大32GBのDDR4メモリーを搭載可能。キーボードやマウスはゲーミング仕様ではないものの、ゲームプレイも楽しめるとする。3月13日に受注を開始する。

 省スペース分離型デスクトップPCの「ESPRIMO WD2/D1」では、新たにグラフィックスとしてエヌビディア製のGeForce GTX 1050 Tiを選択可能とした。

 15.6型のベーシックノートPC「LIFEBOOK WAB/D1」は、AMD製のAPUとして「Ryzen 3」や「Ryzen 7」搭載モデルを発表した。10.1型タブレットの「arrows Tab WQ2/D1」は、新たにCPUとして米インテル(Intel)製のCeleron N4000やCeleron N4100を搭載した。