富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は2019年2月12日、春モデルのPC新製品を発表した。15.6型のA4ノートPC「LIFEBOOK AHシリーズ」や、23.8型の一体型PC「ESPRIMO FHシリーズ」を刷新した。

(撮影:山口 健太、以下同じ)
富士通クライアントコンピューティングが2019年春モデルを発表
[画像のクリックで拡大表示]

音声アシスタント「ふくまろ」を強化

 2019年春モデルPCでは音声アシスタントの「ふくまろ」を強化。デスクトップにふくまろを表示できる「ミニビュー」機能が加わった。

ふくまろの「ミニビュー」機能
[画像のクリックで拡大表示]

 ウェイクワードへの反応速度も向上し、聞き取り開始までの時間は約2.9秒から約1.7秒に短縮。タイマーや時報の新機能を追加した。従来機種のふくまろにも、ソフトウエアのアップデートとして提供するという。

 15.6型のA4ノートPC「LIFEBOOK AHシリーズ」は、約7.8mmの狭額ベゼルを「AH77/53/45」の3モデルで採用し、没入感を高めた。「AH77/53」の2モデルにはハイレゾ対応スピーカーを搭載。全モデルが2.5mmストロークのフルサイズキーボードを搭載する。

LIFEBOOK AHシリーズのキーボード
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUには第8世代Coreプロセッサー(Uシリーズ)の最新モデルを搭載。AH77には4基のマイクを搭載し、音声アシスタントの利用時の集音性能を向上させた。Officeには最新の「Microsoft Office Home & Business 2019」を搭載する。

 価格は「LIFEBOOK AH42/D1」が14万円強、最上位の「LIFEBOOK AH77/D1」は22万円強(いずれも税別)。発売日はモデルによって2月14日または4月25日以降となっている。

 23.8型の一体型PC「ESPRIMO FHシリーズ」には、最新のCPUやOfficeを搭載。4辺狭額ベゼルのディスプレイや、画面を傾けても奥行きが変わらない省スペース設計が特徴となっている。

ESPRIMO FHシリーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 FH77とFH70の2モデルには、CPUに6コアの第8世代Coreプロセッサー(Hシリーズ)を搭載。サウンド機能として最新のデジタル音響補正技術で音質を向上させる「Dirac Audio」を搭載。ステレオ効果を再現し、臨場感が向上するという。

「Dirac Audio」で臨場感が向上
[画像のクリックで拡大表示]

 価格は「ESPRIMO FH52/D1」が16万円弱、最上位の「ESPRIMO FH77/D1」が22万円強(いずれも税別)。2月14日に発売する。