ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは2019年2月8日、人型ロボット「Pepper」を使ったプログラミング教育支援を拡充すると発表した。現在提供している「Pepper社会貢献プログラム」が2020年3月で終了する後の後継プログラムとしての位置付けで、Pepperを利用した授業支援ツールのアップグレードなどを含む。

 Pepper社会貢献プログラムでは2017年4月の開始以来、約600校で約2万2000回の授業を実施したという。同プログラムの「スクールチャレンジ」に参加する小中学校を対象に、新プログラムでは2020年4月1日から2022年3月末まで1校につき1台のPepperを無償で貸し出す。

 授業支援ツールのアップグレードについては、ロボットのプログラミングツール「Robo Blocks(ロボブロックス)」のアップグレード版を2019年3月末に提供する。教育現場で要望が多かった機能を新たに盛り込むという。具体的には、小型コンピューター「micro:bit(マイクロビット)」との連携機能や、Web API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)でネットワーク上の情報を取得する機能などである。Robo Blocksアップデートに合わせて、小中学校向けの教師用指導書を改訂し、専用テキストも用意する。

 Pepperをプログラミング教育以外で利用できるように、Robo Blocksを使って教員が授業を編成できる「Robo Blocksスクールテンプレート」も提供する。「アイスブレイク」「ディスカッション」「2択クイズ」など約20種類のテンプレートを用意し、これらを組み合わせることでPepperを使った授業プログラムを簡単に作成できるようになるという。

 テンプレートをひとコマの授業用に構成したプログラムも順次提供する。第1弾は「情報モラル」に関する授業プログラムで、2019年3月末に提供する予定だ。