ディー・エヌ・エー(DeNA)は2019年2月7日、2018年4~12月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。ゲーム事業が利用減などで振るわず、売上高が前年同期比10.8%減の946億円、営業利益が同67.3%減の85億円と、減収減益だった。最終利益は同64.8%減の80億円である。

 同社はスマートフォンやWebブラウザー向けに、自社開発のほか協業先が開発した多数のゲームタイトルの運営を受託するプラットフォーム型の事業を展開している。特定のゲームタイトルで売り上げが減ったわけではなく、運営するタイトル全般にわたって利用や売り上げの減少が見られ、「どのタイトルも(期初予想の売り上げのペースを)維持できなかった」(守安功社長)という。

決算を説明した守安功社長
[画像のクリックで拡大表示]

 このため、ゲーム事業の通期見通しを見直した。ゲームに対するユーザーの消費額を当初予想の2000億円から1700億円、ゲーム事業のセグメント利益を当初予想の250億円から182億円にそれぞれ修正した。ただ、2019年1月からはユーザーの消費額が回復傾向にあるという。「今後の動向を慎重に見守る」(守安社長)としながらも、2019年1~3月期はユーザーの消費額とセグメント利益ともに上昇する予想を立てている。