NTTぷららは2019年2月7日、2019年1月31日に番組制作関連の子会社を統括する持ち株会社であるイースト・グループ・ホールディングスの発行済み株式取得に合意したと発表した。出資比率は公表していない。

 NTTぷららとイーストは2018年5月に映像コンテンツの制作に向けた業務提携を締結した。これに基づき、NTTぷららが運営する総合エンターテインメントチャンネル「ひかりTVチャンネル+」で放送しているオリジナルニュース番組「NewsX」など多数の番組を共同で制作してきた。

 両社は今回の資本提携を通じて、コンテンツ制作をさらに加速させ、価値ある映像コンテンツを拡充していく。両社のノウハウと知見を生かし、新しい映像技術を活用した新体感型のコンテンツ制作に向けて取り組み、映像サービスのさらなる事業創出などを推進する。

 NTTの澤田純社長は同日開催の決算説明会で、「番組制作会社とぷららが直に連携することでコンテンツの制作能力を強化したい」「新しいパーソナル化されたコンテンツ、NTTドコモが行った新体感ライブに合致するようなコンテンツを制作していきたい」などと説明した。