オープンソースをベースとしたWebサーバーソフト「NGINX」を開発・販売する米NGINX(エンジンエックス)は2019年2月7日、東京都中央区にオフィスを開設し、日本のユーザーに向けたサーバーソフトの販売やサポートサービスを開始すると発表した。エンジニアの採用を進め、2年以内に20人を確保する。

 米NGINXのガス・ロバートソンCEO(最高経営責任者)は東京にオフィスを構える理由として、日本市場の魅力を挙げた。「日本でNGINXを利用したWebサイトが1年で2倍ほど増加している。日本はOSSの技術を受け入れる土壌もある。まさに手が付けられていない宝石のようなもの」と話す。

米NGINXのガス・ロバートソンCEO
[画像のクリックで拡大表示]

 日本のカントリーマネージャーに就いた中島健氏は、(1)人員の増加による営業・サポート体制の強化、(2)日本語による情報提供、などの戦略を掲げた。(1)は2019年内に7人、2年以内に20人までの増員を目指す。「日本語によるサポート体制を整え、パートナー企業を通じてEコマースやゲーム、通信、製造、金融といったさまざまな業種への営業を強化する」(中島氏)。

 (2)は、NGINXのWebサイトを日本語化し、日本語による情報提供を強化する。同日からWebサイトの一部を日本語で公開し、今後拡充する予定だ。米NGINXで実施している教育プログラム「NGINX University」の日本語化も進める。

NGINXの中島健カントリーマネージャー
[画像のクリックで拡大表示]