PwC Japanグループは2019年2月7日、同社のサイバーセキュリティ研究所におけるダークウェブ観測の取り組みを説明した。同研究所は匿名化ネットワーク「Tor(The Onion Router)」上にある「.onion」ドメインのアドレスを収集するハニーポットを世界に11台設置している。これまでに3万2307件のアドレスを収集・分析した。

 PwCサイバーサービスの神薗雅紀サイバーセキュリティ研究所所長は「異なるバージョンのTorでもアドレスを収集できる手法を確立した」と成果を話した。アドレスを収集した結果、複数のドラッグマーケットやファイルアップロードサイトなどを確認したという。

PwCサイバーサービスの神薗雅紀サイバーセキュリティ研究所所長
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2017年3月にサーバーセキュリティ研究所を設立した。ダークウェブで不正に入手されたクレジットカード情報が悪用される過程を観測する活動や、フェイクニュースの分析、サイバー攻撃の予兆分析などにも取り組む。日本オフィスには現在10人の研究員が在籍する。「将来、30~40人まで増やす方針だ」(神薗所長)。