データ分析のソフトウエアやクラウドサービスを手掛けるSAS Institute Japanは2019年2月5日、ビジネス戦略説明会を開催した。堀田徹哉社長は2019年に注力するテーマとして、(1)コア・ビジネス領域の成長(2)カスタマーリレーションの強化(3)将来への準備と社会貢献を挙げた。

SAS Institute Japanの堀田徹哉社長
[画像のクリックで拡大表示]

 (1)は同社のAIソフトウエア基盤「SAS Viya」を中心とした案件拡大を指す。Viyaを使うと、利用者はマウスを数クリックするだけで予測モデルを作成したり活用したりできる。プログラミングスキルのある開発者から一般のビジネスユーザーまで、幅広く分析作業を実施できるという。RやPythonといったプログラミング言語で機械学習モデルを作成し、相互に連携して動かす事も可能だ。

 堀田社長は「Viyaの2018年の売り上げは2017年の約8倍になった。昨年に引き続き、製薬や金融、流通・サービス、製造といった各業種に特化した形で提供する」と話す。Viyaの拡販に向けて、プリセールスやセールス、コンサルタントといった人材を1つの部署にまとめた「Viya OSSイノベーション推進室」を立ち上げた。

 (2)についてはユーザーや販売パートナーとの連携を強化する。具体的にはSASのユーザー同士がコミュニケーションを図る場として「Customer Innovation Network」を提供する。

 (3)は将来の人材育成を支援するもの。社内外のデータサイエンティストに呼びかけ、学生と交流できる場を設ける。各種のイベントも開催する予定だ。例えばプログラミングコンテストである「プログラミング・チャレンジ with SAS CodeSnaps」や、親子でデータサイエンスを学べる「なつやすみ 親子でデータサイエンス」などを開催する。