ソフトバンクは2019年1月29日、5Gの将来仕様「3GPP 5G NR Sidelink」に基づく車々間直接通信の屋外フィールド実験を実施したと発表した(ニュースリリース)。3GPP 5G NR Sidelink は3GPPが2019年12月の標準化を予定している。同社によれば、3GPP 5G NR Sidelinkに基づいた低遅延通信の実験で、無線区間での遅延時間1ms秒以下の実現は世界初とする。

出所:ソフトバンク
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実験は、総務省の「高速移動時において無線区間1ms、End-to-Endで10msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」の一環。3GPP 5G NR Sidelinkによる車々間通信試作機を複数台のトラックそれぞれに搭載し、走行中に、4.5GHz帯での車々間通信を行う形で進められている。

 同社は、トラック隊列走行、特に先頭車両のみ有人運転で、後続車両はそれを追従する自動運転車両とする隊列走行の早期実現を目指している。今回の3GPP 5G NR Sidelinkを採用すると、走行中のトラックの加減速情報や車間距離情報などを、車々間で共有できるようになると期待されている。同社は今後も3GPP 5G NR Sidelinkの標準化に先駆け、この方式に特有な電波伝搬環境や技術的要求条件を把握する技術検証や実証実験を重ねていくとしている。