TBSラジオは2019年1月29日、生放送スタジオなどにリスナーの聴取状況を表示することによって番組制作に活用できるデータダッシュボード「リスナーファインダー」の採用を決定し、運用を開始したと発表した。リスナーファインダーは、電通がPeopleDrivenDMPをベースに開発した。

 採用したダッシュボードでは、radikoでリスニングされている自局の聴取ログデータを1分単位で可視化する。放送局の生放送スタジオ内に設置されたモニターで表示され、番組制作者はよりリスナーの動きを意識しながら放送することが可能となる。

 TBSラジオは、聴取する自局リスナーのログデータをリアルタイムで可視化するプロジェクトを推進してきた。「自局のリスナー動向をより深く理解するために作られたこのツールを、より聴かれる番組作りへ生かし、データドリブンな放送局を目指す」という。

 同ツールは精度向上のため2019年3月末まで試験運用し、4月以降本格サービスインを予定している。