東日本旅客鉄道(JR東日本)と小田急電鉄は2019年1月28日、ITを活用し利便性の高い移動手段を提供するMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)分野で連携すると発表した。

小田急新宿駅に停車する特急ロマンスカー。壁の向こう側にJR新宿駅がある
[画像のクリックで拡大表示]

 JR東日本は自社の鉄道だけではなく他社のタクシーやカーシェア、バスなどの移動サービスとも連携して手軽に移動手段の検索・手配・決済ができる「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」の構築を進めている。小田急もカーシェアや自転車シェアなどの移動手段と生活サービスを連動させる「小田急MaaSアプリ」を開発中である。2社はこれらの仕組みを連動させ、企業の壁にとらわれずに乗客への情報提供や最適経路の提案などを目指す。

 小田急は東京都の新宿駅から神奈川県の藤沢駅や小田原駅などにつながる路線を持つ。JR東は別ルートで新宿駅と藤沢駅・小田原駅を結び、鉄道事業では競合関係にあるが、MaaS分野では連携する。JR東は既に東京急行電鉄ともMaaS分野で連携しており、今後他の鉄道事業者とも連携を拡大する方針だ。