集英社は2019年1月28日、海外向けの無料の漫画配信サービス「MANGA Plus by SHUEISHA」を同日付で開始すると発表した。『週刊少年ジャンプ』など漫画雑誌の30作品超を、国内での発売と同時に一部を除く全世界で閲覧可能にする。出版社自らが海外向けに無料配信することで海外での漫画ファンの開拓を図るほか、正規版を無料で閲覧できる環境を整えることで海賊版コンテンツに対抗する狙いもある。

集英社が海外向けに開始する漫画配信サービス「MANGA Plus by SHUEISHA」
(画像提供:集英社)
[画像のクリックで拡大表示]

 同サービスはWebサイトとスマートフォン(スマホ)アプリとして提供する。『週刊少年ジャンプ』掲載作品は「ONE PIECE」「BORUTO -ボルト-」など19作品を配信。そのほか『ジャンプ SQ.』『Vジャンプ』『週刊ヤングジャンプ』の各誌と、日本国内向けの漫画配信サービス『少年ジャンプ+』の掲載作品もそれぞれ一部を配信。作品数は今後順次拡充する方針だ。各作品について連載当初の数話と直近の数話を常時配信し、最新話は日本での雑誌発売日または国内向けの配信開始日にMANGA Plusでも閲覧可能にする。

 広告収入モデルとして消費者から利用料を徴収せず、広告収入の一部を作者に還元する。配信言語は英語とスペイン語。サービスの対象地域は日本、中国、韓国を除く全世界。中国・韓国については「現地における漫画アプリの普及状況と、既に自社が提携する漫画配信サービスが存在することなどを踏まえて対象外とした」(集英社広報)と説明している。