米AT&Tは2018年12月18日、5Gの商用サービスを同年12月21日に開始すると発表した(AT&Tのニュースリリース1)。5Gは本来、移動通信システムであるにもかかわらず、リリースではあえて「モバイル(mobile)」を冠するあたり、競合の米Verizon(ベライゾン)が10月1日に運用開始した一般家庭向け商用5Gブロードバンドインターネットサービス「Verizon 5G Home」を意識したものと思われる(関連記事1)。また、3GPP標準仕様準拠の5Gネットワークとしても、「米国初で唯一」という。

出所:AT&T
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2018年内に5Gサービスを開始するとの事業計画を発表済みで(関連記事2)、今回は公約を守ったことになる。まずは全米12都市での商用サービスを実現。2019年前半には、新たに7都市への展開を予定しているという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら