小田急電鉄は2018年12月12日、鉄道・バスを含めた様々な交通サービスや生活サービスを連動させて提供するMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)構想を進めるため「小田急MaaSアプリ」の開発を始めると発表した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら