グーグル親会社のアルファベット傘下の自動運転開発ウェイモは米国時間2018年12月5日、自動運転車を使った配車サービスを米国で実用化したと発表した。自らスマートフォン用の配車アプリを開発。自動運転車の制御ソフトウエア開発に加えて、配車サービスの運営者としても名乗りを上げた格好である。配車サービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズなどと競合することになりそうだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら