米Maxim Integrated社は、1つのインダクターで3つの電源出力が得られるSIMO(Single Input Multiple Output)技術を採用した昇降圧型DC-DCコンバーター回路搭載のパワーマネジメントIC(PMIC)を6製品発売した。SIMO技術を使えば、インダクターは1つだけでも、1つの入力電圧に対して2つ、もしくは3つの出力電圧が得られる。電源回路においてインダクターの実装面積が比較的大きい。そのインダクターの個数を削減できるため、「パワーマネジメント回路全体の実装面積を最大で50%削減できる」(同社)としている。しかも、自己消費電力を3出力電圧時に1.3μAに抑えた。このため「競合他社品に比べて、全体のシステム効率を9%程度高められるとともに、発熱量を抑えられる」(同社)という。IoT端末やウエアラブル端末、ヒアラブル端末、センサー端末、スマートホーム向けハブ装置などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら