三菱マテリアルは、高硬度鋼の旋削加工に向く立方晶窒化ホウ素(cBN)材種「MB8100」シリーズの販売を開始した。従来のバインダーに比べて粒子が小さい「超微粒バインダー」を採用。突発的な欠損を防ぐとともに、安定した切削を可能にした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら