NTTドコモは2018年11月27日、独Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG(ローデ・シュワルツ)の協力で100GHz超の周波数帯での電波伝搬特性測定・評価装置「超広帯域チャネルサウンダ」を開発、150GHz帯までの電波伝搬実験を行ったと発表した(NTTドコモのニュースリリース1)、(ローデ・シュワルツのニュースリリース)。100G~300GHzの周波数帯では、5G向けよりも広い帯域幅を確保できるため、さらなる高速大容量通信の実現が期待できる。ただこれまでは、その電波伝搬特性を測定・評価できる、小型で超広帯域対応の装置がなかった。今回の超広帯域チャネルサウンダは、ミリ波帯で最大2GHzの帯域幅を解析可能。ドコモは、これを使って、5Gの次の世代に向けた新たな周波数の開拓を進め、1T(テラ)ビット/秒の移動通信システム実現を目指すとしている。

 30G~300GHzのミリ波帯では、電波伝搬時に、人体や車両、樹木などの影響を大きく受ける。今回の実験では、電波暗室にて、150GHz帯までの10種類の周波数帯を使って、人体による遮蔽影響の測定、解析を行っている。

ミリ波帯伝搬に影響を与える要素
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]
実験風景
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]
実験装置
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]
実験結果の例
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら