華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2018年11月28日、都内で新製品発表会を開き、フラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」を国内市場向けに発表した(写真1)。

写真1●ファーウェイ・ジャパンが「Mate 20 Pro」を国内発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Mate 20 Proは、中国ファーウェイ(華為技術、HUAWEI)が2018年10月16日に英ロンドンで発表した最新モデルになる。SIMフリー版は11月30日に発売し、市場想定価格は11万1880円(税別)。大手キャリアからはソフトバンクが12月中旬以降に発売する(写真2)。

写真2●ソフトバンクがMate 20 Proを発売
[画像のクリックで拡大表示]

世界スマホ市場で2位、国内市場でも好調

 発表会にはファーウェイデバイス 日本・韓国リージョンプレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏が登壇(写真3)。ファーウェイのスマホシェアについて、世界市場では2018年第2〜3四半期に第2位を獲得。BCNの調査では国内キャリアとSIMフリーを合わせたAndroid市場で2018年6〜10月にトップになったと紹介した。

写真3●ファーウェイデバイス 日本・韓国リージョンプレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏
[画像のクリックで拡大表示]

 また、MM総研の調査では2018年度上期(4〜9月)にスマートフォンの出荷台数でトップ5のメーカーに入ったことを取り上げ、「5社の中ではファーウェイが最も成長したブランドになった」(呉氏)とアピールした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら