米アップルは2018年10月30日、米国ニューヨークで開いた「Apple Special Event」において、iPad Pro、MacBook Air、Mac miniの新製品を発表した。日本でも世界各国と同じく11月7日に発売する。

 新iPad Proは11インチと12.9インチの2モデル。USB Type-C(USB-C)を採用し、Apple Pencilやキーボードが新しくなった。MacBook AirとMac miniもデザインを刷新し、最新のCPUやインターフェースを搭載した。

新iPad ProはUSB-Cや新ペンシルを採用

 発表イベントには、CEOのティム・クック氏が登壇(写真1)。iPadに関する数字として、これまでに4億台のiPadを販売しており、2017年にはどのメーカーのノートPCをも上回る数のiPadを販売したと強調した(写真2)。

写真1●アップル CEOのティム・クック氏
(出所:アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●iPadの販売台数はどのメーカーのノートPCをも上回った
[画像のクリックで拡大表示]

 iPad Proの新製品として、11インチと12.9インチの2モデルを発表した(写真3)。初代iPadから搭載してきたホームボタンを廃止し、ベゼル幅が上下左右で均等のデザインを採用した。

写真3●新iPad Proの11インチモデルと12.9インチモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 画面には「Liquid Retina」液晶ディスプレーを搭載。11インチは従来の10.5インチモデルに近いきょう体に、より大きな画面を搭載(写真4)。12.9インチは画面サイズがそのままで、きょう体サイズを小さくした。

写真4●10.5インチと11インチの比較
[画像のクリックで拡大表示]

 指紋認証の「Touch ID」の代わりに、新たに顔認証の「Face ID」に対応した。ベゼル部分に「TrueDepthカメラ」を搭載しており、本体の向きが縦の場合と横の場合の両方でFace IDを利用できるという(写真5)。

写真5●ベゼル部分にフロントカメラやセンサーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーとして新たに「A12X Bionic」を搭載した(写真6)。CPUのシングルコア性能は35%、マルチコア性能は90%、グラフィックス性能は2倍高速化したほか、機械学習を支援するニューラルエンジンも利用できる。

写真6●新プロセッサー「A12X Bionic」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら