ルネサス エレクトロニクスは、画像処理性能を従来品の10倍に高めたMPU「RZ/A2M」を開発し、2018年10月4日にサンプル出荷を始めた。処理内容ごとにハードウエア回路を動的に切り替えるDRP(Dynamically Reconfigurable Processor)技術の採用で、高速化を実現した。用途は、家電や産業機器などの画像認識を想定している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら