シャープは2018年10月3日、本社で新製品発表会を開き、AQUOSブランドのスマートフォン2機種を発表した(写真1)。

写真1●シャープが「AQUOS zero」などスマホ新製品を発表(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 発表したのは9月のIFA 2018で展示した有機ELスマホ「AQUOS zero」と、ミッドレンジモデル「AQUOS sense2」の2機種。具体的な通信キャリア名などは挙げなかったが、いずれも「2018年冬モデル」と位置付け、2018年内に発売予定としている。

2020年の目標は「Androidシェア40%超」

 発表会には、通信事業本部 本部長の中野吉朗氏が登壇(写真2)。国内での事業について、「人に寄り添う『AIoT』を事業ビジョンに掲げており、スマートフォンは要になる存在だ」と位置付けた。

写真2●シャープ 通信事業本部 本部長の中野吉朗氏
[画像のクリックで拡大表示]

 AQUOSシリーズの販売実績について、「AQUOS R2」はAQUOS R同様に好調で、「AQUOS sense」は9月末時点で累計200万台を達成したという。「2018年上期もAndroidスマホ販売台数はNo.1となった。2020年にはAndroidシェア40%超を目指す」(中野氏)と語った(写真3)。

写真3●2020年にAndroidシェア40%超を目指す
[画像のクリックで拡大表示]

世界最軽量でヘビー級スペックの「AQUOS zero」

 新モデル「AQUOS zero」の詳細は、通信事業本部 パーソナル通信事業部 事業部長の小林繁氏が説明(写真4)。「特徴を一言でいえば、世界最軽量ボディのヘビー級スペックスマホだ」と紹介した(写真5)。

写真4●シャープ 通信事業本部 パーソナル通信事業部 事業部長の小林繁氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●AQUOS zero
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレーにはAQUOSスマートフォンとして初となる自社国内製の有機ELパネルを採用(写真6、7)。画面サイズはAQUOSスマホとして最大の6.2インチ、画面解像度はWQHD+(2992×1440ドット)となっている。

写真6●AQUOS史上初の有機ELディスプレーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
写真7●自社国内製の有機ELパネル
[画像のクリックで拡大表示]

 有機ELでAQUOSらしい画質を実現するために、AQUOSシリーズのテレビに搭載してきた広色域技術をゼロベースで見直したという(写真8、9)。「有機ELは広い色域を持っているが、スマホの内部はsRGBだ。そこでコンテンツにはない色を画質エンジンが作り出している」(小林氏)と工夫を語った。

写真8●有機ELの色域と一般コンテンツ(sRGB)の色域
[画像のクリックで拡大表示]
写真9●リッチカラーテクノロジーモバイルの搭載機(左)と非搭載機(右)の比較
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら