デンソーウェーブとアララは、共同開発したQRコードの読み取りソフト「公式QRコードリーダー“Q”」(以下、“Q”)をアップデートし、ユーザーに無断で位置情報を収集していた機能を停止させた。アップデートの実施はAndroid向けが2018年9月3日、iOS向けが9月6日。

9月3日にアップデートされたAndroid向けの“Q”
(出所:Google Play)
9月6日にアップデートされたiOS向けの“Q”
(出所:App Store)

 アララが提供するQRコード作成のWebサービス「QRコードメーカー」で作成したQRコードをアップデート前の“Q”で読み取ると、アララのサーバーにユーザーの位置情報やIPアドレスなどの情報を送るようになっていた。収集した情報は、QRコード作成者に提供していた。

 両社はこれらの情報を収集したり、QRコード作成者に提供したりしていることを“Q”のユーザーに通知していなかった。このため、両社への批判が2018年8月下旬にネット上に数多く書き込まれた。これを受けて両社は8月28日、QRコード作成者への情報提供サービスを中止していた。しかし、位置情報やIPアドレスなどの情報収集を継続していた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら