NECは2018年8月7日、同社の顔認証システムが2020年の東京五輪・パラリンピックで大会関係者の入場管理に採用されたと発表した。選手やスタッフ、ボランティアなど約30万人が対象で、不正な入場を防ぐ。NECによると、大会関係者の入場に顔認証システムを活用するのは、五輪・パラリンピック大会で初めて。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら