情報通信研究機構(NICT)セキュリティ基盤研究室と筑波大学は、医療データを暗号化したまま解析することに成功し、開発した暗号方式の性能を実証したと発表した。暗号化した4500名程度の医療データに対し、1分弱で病気の罹患情報と個人の遺伝情報の統計的な関連性を、各個人の病気の有無や遺伝情報を知ることなく解析できることを実証実験で確認したという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら