独Infineon Technologies社は、最大94%の変換効率が得られる共振型電源制御IC「ICL5102」を発売した。LCC共振電源、もしくはLLC共振電源の制御に使える。力率改善(PFC:Power Factor Correction)回路の制御機能も備える。力率は最大99%超に高められ、全高調波歪み(THD)は3.5%未満に抑えられるという。ユニバーサル入力に対応しており、交流(AC)入力電圧範囲は70〜325Vである。40〜250W出力の電源回路に使える。具体的な用途としては、工業用照明器具や街灯などのLED駆動回路や、液晶テレビに搭載する絶縁型スイッチング電源(AC-DCコンバーター)などを挙げている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら