Pivotalジャパンは2018年7月11日、データ分析プラットフォーム「Pivotal Greenplum」の最新版となるVer.5.9の国内販売を開始した。Pivotal GreenplumはPostgreSQLをベースに開発されたデータウエアハウス用のデータベース(DB)。複数台のマシンに処理を分散できるシェアードナッシング型アーキテクチャを採用しており、超並列処理によるビッグデータ解析を得意とする。もともと米Pivotal Softwareの製品だったが、2015年にDB機能が「Greenplum Database」としてオープンソースになり、Pivotalはユーティリティツールやサポートをセットにした商用ディストリビューションとしてPivotal Greenplumを販売している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら