楽天と楽天コミュニケーションズは2018年7月11日、APIマーケットプレイス「Rakuten RapidAPI」を発表した(写真1)。同日の7月11日より提供開始する。

写真1●楽天が「Rakuten Rapid API」を発表(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 RapidAPIは米Rソフトウエア(R Software)が提供するAPIマーケットプレイスで、同社によれば世界最大規模。楽天はRソフトウエアと独占的な戦略パートナー契約を締結し、共同でRakuten RapidAPIを日本とアジア市場向けに提供するとした。

APIエコノミーの課題を解決

 発表会には、楽天 副社長執行役員 CIO & CISOで楽天コミュニケーションズ 代表取締役会長兼社長の平井康文氏が登壇(写真2)。APIエコノミーの拡大について、「APIを通じて新たな価値連携を生み出し、企業や業種を越えたバリューチェーンが生まれている」と語った。

写真2●楽天 副社長執行役員 CIO & CISOで楽天コミュニケーションズ 代表取締役会長兼社長の平井康文氏
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天のAPI戦略については、それまで個々の事業部が作ってきたAPIを2017年に「Rakuten APIゲートウェイ」に集約(写真3)。楽天が提供する450のAPIへのリクエスト回数は、2018年6月に前年比47%増となる月間166億回に達したという。

写真3●楽天のAPI戦略
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら