物流ロボットの製造・販売を手がけるギークプラス(本社千葉県印西市)は、自動搬送ロボット「EVE」シリーズの新製品として、人との共存が可能な「同 SLAM型」を発売した。ロボットが周囲の状況を確認して最適なルートを算出しながら走行するSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)方式を採用したのが特徴。工場や物流施設の床面を工事することなく、パレットや台車、ラックなどの搬送システムを実現できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら