HTC NIPPONは2018年6月27日、都内で新製品発表会を開催し、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「HTC U12+」を国内向けに発表した(写真1)。

写真1●HTC NIPPONが「HTC U12+」を国内向けに発表(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 HTC U12+は同社のフラグシップモデルになる。台湾では2018年5月に発表した。日本では7月20日に9万5000円(税別)で発売する。

「エッジセンス2」やカメラ性能が進化

 発表会には、HTC NIPPON 代表取締役社長の児島全克氏が登壇(写真2)。HTCの20年の歴史を振り返り、「HTC VIVEでは3000以上のコンテンツが動いている。これに5Gを組み合わせることで、本体はクラウドに置き、ヘッドセット自体は単なるグラスになる可能性がある。今後はVR/AR、5G、AIの3点に注力していく」と語った(写真3)。

写真2●HTC NIPPON 代表取締役社長の児島全克氏
[画像のクリックで拡大表示]

写真3●VR/AR、5G、AIが普及した未来を描くイメージビデオ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら