システムと設計技術に関する国内最大級の研究会「DAシンポジウム2018」(ホームページ)が今年も石川県加賀市山代温泉で開かれる(日程:2018年8月29日〜31日、主催:情報処理学会 システムとLSIの設計技術研究会)。一般講演・ポスター発表に加えて、今回は4件の招待講演と3つの特別企画を予定する。また、昨年度からは企業展示を実施しており、企業と大学の垣根を越えた交流の場となっている。

 まず、招待講演の概要を紹介する。初日には2件の招待講演が行われる。1件目は「人工知能をクリティカルアプリケーションに適用するために」と題して、日立製作所の金川信康氏が登壇する。ディープラーニングをはじめとする人工知能は人知を超えた最適解を提供してくれるが、その安全性は必ずしも保証されたものではない。講演では、人工知能の動作の安全性を検証、保証する技術を付加することにより、人知を超えた安心・安全な最適解を得られるようにしようとする同氏らの取り組みを紹介する。

 続いて、富士通研究所の新田泉氏が「グラフ構造を用いたリソグラフィホットスポット検出」というタイトルで講演する。講演では2つの取り組みを紹介する。1つ目はリソグラフィー工程における欠陥箇所(リソグラフィー・ホット・スポット)予測に機械学習を適用した事例である。具体的には、回路パターンをグラフ構造で表現し、グラフカーネルを用いた学習により、欠陥要因となる局所的なパターンの認識精度を向上させるものである。また、近年、機械学習適用においては判断結果だけでなく、その根拠をユーザーに分かりやすく示すことが課題となっている。そこで、2つ目の取り組みとして、予測対象のパターンと類似するパターンを過去データから提示することで、現場エンジニアが結果の妥当性を容易に確認できるような仕組みを紹介する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら